医療環境管理士は廃止!日本医療福祉検定協会閉鎖で看護師のキャリアアップ資格2つに幕

看護師さんにとってキャリアアップやスキルアップを目指す資格として取得されることもあった「医療環境管理士」ですが、実質廃止状態であるということをご存知でしたか?

そこで本記事では、

    についてを中心に解説させていただきます。

    目次

    日本医療福祉検定協会が閉鎖で医療環境管理士は廃止

    これまで複数の資格を認定してきた、一般社団法人医療福祉検定協会は、2019年9月30日をもって協会としての事業活動を休止しており、こちらの全国企業データベースで状況を調べると一般社団法人医療福祉検定協会は2019年12月20日に登記記録の閉鎖をしていることが分かります。

    つまり、医療福祉検定協会は閉鎖された状況となります。

    ちなみに、一般社団法人医療福祉検定協会の旧名称は、日本医療環境福祉検定協会という名称でした。

    医療福祉検定協会の閉鎖に伴って、日本医療環境福祉検定協会が主催してきた医療環境管理士も事実上廃止と言えます。

    廃止されたので医療環境管理士の2021年の試験日はなし

    お伝えした通り、これまで主催してきた日本医療環境福祉検定協会の2019年の休止、閉鎖に関連して医療環境管理士の資格は事実上廃止となる為、2021年に試験を受ける事は出来ない状況です。

    医療福祉環境アドバイザーも廃止

    日本医療環境福祉検定協会では、医療環境管理士の他、医療福祉環境アドバイザーという資格も運営していましたが、こちらも医療環境管理士と同じく事実上廃止となります。

    医療環境管理士とは?看護師のキャリアアップにもつながる資格だった

    医療環境管理士は感染症予防関連の民間資格(国家資格ではない)

    医療環境管理士は、多職種と連携して感染管理の指導的立場を目指す資格として運用されてきました。

    医療現場で必要な感染予防対策の知識とスキルを学び、資格の肩書きを得ることで、専門家として指導的立場に立つことが期待されていた資格でもあります。

    内容的にも看護師さんのスキルアップに活かす民間資格として活用されやすい資格でもありました。

    医療環境管理士へ認定される流れ
    1. 医療福祉検定協会が発行する公式テキストの購入
    2. 医療環境管理士の受験を申し込む
    3. 受験して合格する
    4. 認定講習会の受講をして、講習会終了後に認定となる

    医療環境管理士の受験資格

    医療環境管理士を受験するため年齢や学歴、実務経験、保有資格等といった受験資格はなく誰でも受験できるようになっていました。

    医療環境管理士の難易度はどうだったのか

    少し前のデータになりますが、医療環境管理士の合格率は以下の通りでした。

    2013年合格率 60%

    2014年合格率 56%

    2015年度 57%

    医療環境管理士の公式テキストや過去問はAmazonでまだ買える?

    廃止されてしまったけれども、個人的に医療環境管理士の公式テキストや過去問を読みたい方もおられるかと思います。

    2021年7月12日現在、当サイトが調べた所、Amazonでは医療環境管理士に関するテキストや過去問は出品されていませんでした。

    同じく楽天でも出品が見当たらなかったので、どうしても欲しいという方はメルカリやヤフオク等で日々出品状況をチェックするか、古本屋さんで探すことをおすすめします。

    医療環境管理士の保有は年収に影響する?

    医療機関にとって、感染症に対する対策は重要な課題となっており、看護師の方が医療環境管理士資格の認定を受けていた場合、資格手当等が期待できる可能性が考えられます。

    ただ、医療環境管理士という資格をどのように受け取るかは医療機関次第なので、資格を持っているからと言って必ず給料や年収アップにつながるというわけではありません。

    医療環境管理士と医療福祉環境アドバイザーの違い

    日本医療環境福祉検定協会がもう一つ管轄していた「医療福祉環境アドバイザー」ですが、医療福祉環境アドバイザーは、感染予防とメンタルケアのできる資格となっていました。

    そんな医療福祉環境アドバイザーと医療環境管理士との違い

    • 医療福祉環境アドバイザーは3~1級と段階に分かれているが、医療環境管理士は〇級といった方式はとっていない
    • 医療福祉環境アドバイザーは感染予防とメンタルケアに関する基本的な知識を身につけて患者、スタッフが安心のできる環境づくり等をアドバイス出来る事を目指した資格
    • 医療環境管理士は、院内感染対策のスペシャリストとして、多職種と連携し、感染予防・対策・管理・教育の指導的立場になることを目指した資格

    となっており、実質、医療環境管理士は、医療福祉環境アドバイザーの上位的資格になっていたとされています。

    医療環境管理士とは別の環境管理士という資格が存在

    医療環境管理士と似た名前の資格で「環境管理士」という名称の資格が存在します。

    環境管理士は、医療環境管理士と”医療”の文字がないだけですが、内容としては全く別の資格であり、こちらは現在も取得することが可能となっています。

    環境管理士とは

    環境管理士とは、複雑多様化する環境問題に関して実務的な知識や技能を持ち、環境の改善と環境保全指導を行う専門的な資格となります。

    この資格はどう活かせる?

    この環境管理士の資格を持つことで、

    • 環境管理に関する知識、技能を有していることを就活等でアピールできる
    • 職場で環境に関する部署へ異動等を希望する時にアピールできる
    • 環境に関連するボランティア活動等で、リーダー的な立場となって活躍しやすい
    • 環境管理の知識を活かすことで、ビジネスチャンスへ活かす

    等といった場面での活用が期待できます。

    環境管理士は通信講座受講修了か検定試験受験で取得

    環境管理士の取得方法に関しては、

    • 通信講座を受講して修了する
    • 検定試験を受験して合格する

    という2パターンがあります。

    ちなみに、

    • 通信講座では4~2級
    • 検定試験では6~1級

    を取得できるようになっています。

    環境管理士の難易度について

    環境管理士の難易度として参考になるデータとして、平成26年度~平成30年度の合格率を以下紹介します。

    合格率
    • 4級の合格率:57.4%(受験者数2,014人)
    • 3級の合格率:64.1%(受験者数209人)
    • 2級の合格率:49.1%(受験者数53人)
    • 1級の合格率:39.3%(受験者数28人)

    環境管理士の勉強法

    環境管理士の勉強方法としては、特定非営利活動法人 日本環境管理協会が発行する「検定試験問題集」を中心に学ぶか、同協会の通信講座を受講して勉強する形となります。

    医療環境管理士以外の看護師のキャリアアップ向け資格

    医療環境管理士は事実上廃止となりましたが、その他、看護師さんのキャリアアップに関連する資格を紹介します。

    認定看護師

    看護師さんがキャリアアップする上で、看護師としてより専門性を深めた資格として人気なのが認定看護師です。

    認定看護師とは、高度化、専門分化が進む医療現場にて看護職として水準の高い実践を出来ると認められた看護師のことを意味し、21ある各分野(2021年7月現在)それぞれが認定看護分野として特定されています。

    認定看護師になると、病院やクリニック、訪問看護ステーション、診療所、介護保険施設等の看護現場にて「実践・指導・相談」という3つの役割を果たしてよりよい看護の提供をできる活動が期待できます。

    認定看護師になる為のステップとしては以下の通りとなります。

    認定看護師になる為のステップ
    1. 日本国の看護師免許を取得する
    2. 看護師免許取得後、実務研修を通算5年以上経過(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)
    3. 認定看護師教育機関に入学して修了する
    4. 認定看護師認定審査を受けて認定看護師認定証を交付、登録する

    専門看護師

    専門看護師に関しても、看護師さんがキャリアアップを目指す上で人気の資格となっています。

    専門看護師とは、13の特定の分野にて深い知識、経験を持った看護野スぺシャリストであり、水準の高い看護を効率よく行うための技術、知識を深めて、卓越した看護を実践できると認められた看護師のことを意味します。

    専門看護師になると、患者、家族に起きている問題を総合的に捉えて判断する力と広い視野を持って、病院や訪問看護ステーション、大学等の教育現場等にて「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究」という6つの役割を果たして、施設全体や地域の看護の質の向上に努めることが期待されます。

    専門看護師になる為のステップとしては以下の通りとなります。

    専門看護師になる為のステップ
    1. 日本国の看護師免許を取得する
    2. 看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得
    3. 実務研修を通算5年以上あり(そのうち3年間以上は専門看護分野の実務研修)
    4. 認定審査(書類審査、筆記試験)に合格
    5. 専門看護師認定証の交付、登録をする

    認定看護管理者

    病院、介護老人保健施設等にて管理者として必要な知識を持って組織発展をさせることができる能力を有すると認められる資格が認定看護管理者となります。

    認定看護管理者になる為のステップ
    • 日本国の看護師免許を取得する
    • 看護師の免許取得後に実務経験が通算5年以上経過
    • 認定看護管理者教育課程サードレベルを修了等の一定条件をクリア
    • 認定審査(書類審査及び筆記試験)に合格
    • 認定看護管理者認定証の交付、登録をする

    ケアマネジャー

    看護師からキャリアアップやキャリアチェンジを目指す上で他に取り上げられることのある資格がケアマネジャーです。

    ケアマネジャー(介護支援専門員)は、要支援、要介護認定者の方のケアプラン(介護サービスの給付計画)を作成して自治体や介護サービス事業者等との連絡、調整を行うといったケアマネジメントを行う専門職種となります。

    そんなケアマネジャーになる為には、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があります。

    この介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格に関しては、看護師資格を保有していれば、5年以上の実務経験があれば受験することが可能となっています。

    ただ、ケアマネジャーの試験の近年の合格率は10~20%と難易度が高い試験となっています。

    【参考】近年のケアマネ試験の合格率

    令和2年度の合格率:17.7%

    令和元年度の合格率:19.5%

    平成30年度の合格率:10.1%

    平成29年度の合格率:21.5%

    平成28年度の合格率:13.1%

    そのため、難易度の高いケアマネに合格するには独学ではなく資格スクールの通信講座等を活用することをオススメします。

    例えば、テレビCM等で有名な資格の大原では、「ケアマネジャー合格コース」として、WEB通信、映像通学、通学といった中から自分が希望する学び方でケアマネ試験の対策講座を受講することができます。

    また、この講座では試験に1回で合格することを目指すために、

    • 大原オリジナルの講義
    • 過去問を使った問題演習
    • 習熟度を確認できるミニテスト
    • 試験対策用の講義

    等といった基礎知識をしっかりと学べる内容が用意されているので、本気でケアマネに合格をしたい人にはかなりオススメの講座となっています。

    さらに模擬試験や、本試験直前の最後の力試しとして全国統一公開模擬試験も自宅もしくは会場にて受けることが出来るので、本番試験に向けた受験対策もしっかりと取られています。

    もしも、あなたがキャリアアップとしてケアマネジャー取得に興味があれば、一度、資格の大原のサイトをチェックしてみる事をオススメします。

    看護師としてキャリアアップを目指した転職を目指すなら

    看護師としてもっとスキル向上を目指したキャリアアップを目的とした転職や、もっと収入を増やすための転職をしたいという方には以下の転職サイトがおすすめです。

    おすすめサイト①

    看護のお仕事公式ロゴ
    サイト名:看護のお仕事
    特徴:圧倒的な求人数掲載!高給与向けや研修充実といった求人を多数保有

    おすすめサイト②

    マイナビ看護師公式ロゴ
    サイト名:マイナビ看護師
    特徴:キャリアアップ転職相談会あり!短期間で高給与が狙えるトラベルナース求人特集も魅力

    おすすめサイト③

    ナースパワー公式ロゴ
    サイト名:ナースパワー
    特徴:短期間で高収入を狙える「応援ナース」に応募できる

    圧倒的多数の求人情報を保有する看護のお仕事”では、「高給与」「研修充実」等といった条件で多数の求人を探すことができます。

    また、”マイナビ看護師”ではスキルアップやキャリアチェンジ、昇進を検討している人向けの「キャリアアップ転職相談会」が開催されているので、キャリアアップ目的の方におすすめのサイトとなっています。

    その他、看護師向けの転職サイトについて詳しく知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧いただくことをオススメします。

    看護師転職サイトを徹底比較!おすすめランキング&転職成功に向けた選び方

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる